マンション経営のリスクに関する情報~賢い経営法~

住宅

経営上の注意点

マンション

空室対策

マンション経営を行う場合のリスクとして考えられるのは、入居者が入らない期間が続く空室リスクや入居者が滞納し始める滞納リスクが考えられます。マンション経営は比較的利回りが高く安定的な投資といわれていますが、投資を回収できなくなる危険がないわけではありません。特に空室リスクについてマンション経営者は敏感で、様々な形で空室対策を行います。空室期間が延びれば延びるほど次の入居者が見つかりにくくなる傾向にありますので、できるだけ早期に空室を埋める工夫が重要なのです。そのための手段として一般的に言われているのが、リフォームなどによる物件の魅力の向上と積極的な入居者募集です。入居希望者をいかにして集めるかがポイントなのです。

滞納者への対策

また、滞納リスクは空室以上に深刻な問題です。空室になってしまった場合、できるだけ早期に入居者を見つければいいのですが、滞納者が生じた場合には、まずはその滞納者に出ていってもらわなくてはなりません。もちろん滞納分が回収できるような相手であれば一番いいのですが、一度滞納を始めた入居者は継続的に滞納を繰り返す傾向にあります。そのため、できるだけ早く滞納者に退去してもらうことが重要なのです。そうしなければ家賃収入が得られる新しい入居者を見つけることもできません。マンション経営は、マンションの管理会社との協力が重要ですので、滞納者が発生した場合には早期解決に向けて、法的措置も含めてすぐに動き始めることが重要です。

手段を変えてみよう

お金

中古マンションの購入需要が高まっており、投資用も実需用も価格がじわじわと上がってきています。中古マンションを直接購入するよりも上場不動産投資信託を少しずつ購入していく方が、高値掴みをせずに資産を積み上げていくことができます。

View Detail

ビジネス関連

マンション

東京でのマンション経営はとても人気があります。マンション経営をする時は、様々な需要の変化を知る必要があります。光熱費を抑えることが可能な住まいや、1つの部屋に多様な機能がある住まいなどの人気はとても高くなっています。

View Detail

規模によって異なります

通貨

マンションに居住すると必要な費用として管理費が挙げられます。相場はマンションの規模によってや施設によって異なります。しかしながら、ある程度の管理費は必要費用であり、物件の価値を損なわないためにも大切なのです。

View Detail