マンション経営のリスクに関する情報~賢い経営法~

住宅

規模によって異なります

通貨

毎月の家計と相談

マンションに住むと必要になるのが、管理費や修繕積立金です。特に管理費はマンションの規模やエリアなどによっても相場が異なるため、居住を決める際には注意が必要です。管理費は毎月支払うものになるため、家計の収支バランスもみることが大切です。また分譲マンションの場合には管理費の引き上げや修繕積立の引き上げなども長く住むと発生するケースがあるためあらかじめ心得ておく必要があります。おおよそのマンションの管理費の相場は規模によって左右されます。中規模や小規模マンションの場合には管理費は安くなる傾向です。反対に大規模マンションは管理費の相場は高くなります。大規模の場合には共有施設の充実度合によっても相場の変動があります。

必要な費用です

比較的コンパクトなマンションの場合にはあまり管理費は高くないですが、ある程度の費用を徴収されているほうが、マンションの管理が行き届きます。例えば管理人の常駐や定期的な清掃、メンテナンスなどはマンションを維持するうえでは大切な要素です。しっかりと管理されている物件は築年数が経過しても価値が下がる率が低くなります。反対に管理が行き届かずゴミが落ちているや共用施設が汚いなどの物件は価値が下がります。このため、マンションの価値を損なわない程度の管理費は必要な費用といえるのです。また、近年人気の大規模な物件の場合には共用施設にさまざまな便利な施設を備えているケースがあります。こうした施設の運営や維持にはそれなりの管理が必要となるのです。